古瓦でつくる、雨落ちのある庭

奈良県御所市の民泊改修物件、造園工事を進めてもらっています。
造園工事を手掛けて下さるのは、いつもお願いしている京都市の池内さん。
今回の庭では、庇に樋をつけなかったので、雨落ち(あまおち)という雨水受けの排水溝みたいなものをつくってもらいます。
まずは掘削から。

雨落ち用溝の仕切り板として、和瓦を用います(下の写真)。
これは当社事務所の離れ棟の解体工事で出てきた古い瓦を残しておいたもの。
100年くらい経っているものなので、色ムラや古ぼけた感じがでていて、これが最後出来上がった時にじわっと効いてくるんです。
ほんのちょっとしたことなんですけどね。
でもそれでずいぶん印象が変わります。

古瓦はまだまだ自社でストックしています。
これからつくられるお客様のお庭で欲しくなった時に困らないように、と思って。

今回の現場では建物がL型に回り込んでいるので、雨落ちもL型に。
溝の両端に古瓦を立てて並べていきます。

↑ 雨落ちを渡るところの飛び石も設置して、石灯籠までの道ができました。
ところどころで石が瓦からはみ出しているのが効いてます。

今回据えてもらった石燈篭は、神戸市内に建っていた昭和初期の素晴らしいお宅が解体されるときに譲って頂いたものです。
しばらくうちの事務所で眠っていたのですが、ようやく日の目を見るときが来ました。
京都の著名な庭師(名前は伏せておきます)が戦前に作庭された庭で使われていたのですが、ちょっとユーモラスな感じのフォルムです。

今回、蹲(つくばい)には、高さのある立ち蹲(たちつくばい)を使うことにしてみました。
これは橋の杭のような形をしているから、橋杭型というそうです。

リビングから正対して庭を見たところ。
モミジがまだ小さくてかわいらしいのですが、これから少しずつ大きくなっていって、だんだんイイ感じになっていくのでしょうか。

来週は犬走りのたたきを仕上げていく予定です。
まだ少し先ですが、最終的には苔庭になります。
どうぞお楽しみに。

(株)木造建築東風のサイトはこちら
↓   ↓   ↓
世界に、300年先も美しい風景を

中古住宅リフォーム 御所市民泊 東風の宿 気密試験を行いました

古家や古民家で困ること、お悩みといえば… 上位に必ず入る「寒い」。 そのお悩みを解消し、快適に気密断熱性を高めた住宅に再生する木造建築東風です。

築45年の中古住宅をリフォームして、快適な暮らしを体験できる場所としてオープン予定の東風の宿。 きちんと気密断熱の施工ができているのかを調べるため、気密測定試験をしていただきました。

高気密高断熱の家をわかりやすく言うと、全館空調された夏涼しく冬暖かい家。足元が寒いなどの室温のムラが少なく、家中の温度を一定に保つ、いつでもどこでも快適な家です。 築100年の寒くて暮らしにくい古民家を、快適な空間に再生し、100年先に残すこともできます。 CO2の排出量を減らし、地球にも優しく、世界に誇れる日本建築を維持していけることは、誇らしいことですね。

気密試験の話に戻しますと、延床面積の1㎡あたりどれだけの隙間があるのかを調べます。隙間はC値で表されます。 数字が小さいほうが高気密です。 国の高気密住宅の省エネ基準(平成11年)は地域で異なりますが、奈良県の新築でC値5.0以下とされています。

一回目は日常生活として使用する隙間は埋めず測定しました。 リフォームの場合は隙間が多すぎて『測定不能』の可能性があるとおっしゃっていましたが、今回リフォームした建物ではきちんと測定できました。

高気密住宅の施工に取り組んだ現場の大工さん達の苦労が報われました。 新築でも慣れるまで大変な気密断熱作業ですが、リフォームですのでプレッシャーもあったことでしょう。 この建物全体で、A4サイズよりは小さい面積の隙間はありましたが、目標としていたところにほぼ到達しました。

引違いの木製建具はどうしても隙間があります。 二回目はコンセントやサッシの隙間等を目張りしての測定です。

結果は以下のとおり。

2.0を下回りました。 きちんと数値化することができて一安心です。 古い木造住宅は寒いから建て替えるべき、木製建具で気密を求めるのは無理、そんなことはありません。

35℃の密閉空間に汗だくで測定試験を見守り、空気の流れを探すと、僅かな風の流れも感じることができます。 『空気の流れが見える!』と言う大工さんも!

コンセントの位置や数、断熱材の素材やサッシの種類、引き違いかなどで値は変化します。 東風にとっては高気密高断熱住宅の設計施工は今回の建物が初めてでした。 そこで北海道から武部建設㈱の皆様に奈良まで来ていただき、設計・施工面で様々なご指導をいただきました。 最後になりましたが厚く御礼申し上げます。

(株)木造建築東風のサイトはこちら

世界に、300年先も美しい風景を

手漉き和紙を天井に貼る(経師)工事

奈良県御所市/中古住宅→民泊への改修工事。
1階の和室では天井紙貼工事が進行中です。

今回天井・壁紙として貼らせてもらっているのは、奈良県東吉野で福西和紙本舗さんが製作されている、宇陀紙(うだがみ)という手漉き和紙に、あけびで草木染めを施した淡いグレーの和紙。

貼って下さる職人さんは、奈良県桜井市の表具師・森本さん。
今回初めてお願いした方なのですが、とてもすばらしい職人さんで、今後もぜひご一緒したいなぁと感じました。

木製の道具(桶と刷毛)も使い込まれています。

和紙を置いて

刷毛で糊を塗り

細い桟木に載せて紙を持ち上げ、

前日、天井に打っておいた墨に合わせて紙を置き、

しわや空気を抜きながら刷毛でおさえて1枚ずつ貼っていきます。

上の写真中、赤矢印で囲まれた部分が1枚の大きさです。
和紙の四周は隣の紙と10㎜ずつ重ねています。
2枚の和紙が重なっている部分は、縁取りのように濃い色になっています。

もともと製作された手漉き和紙1枚の大きさは、横方向にこれの2倍の長さがあるのですが、今回の部屋の大きさなどを考慮して、小さめにカットしてから貼った方が美しく(バランスよく)見えるだろうという判断で、約半分にカットしてから貼って頂きました。

後日、同じ紙で壁も貼って下さるのですが、仕上がりがとても楽しみです。

(株)木造建築東風のサイトはこちら

世界に、300年先も美しい風景を

屋上ウッドデッキ(ケボニー杉)からの眺め/奈良県御所市民泊リノベーション

奈良県御所市内の中古住宅→民泊へのリノベーション工事。
内部はほぼできあがり、屋上ウッドデッキ(ルーフデッキ)の工事を行いました。

板金屋根(ガルバリウム製立平葺き)の上に、太陽光パネルを取り付けるための金物を用いて、屋根から少し浮かせた形で木下地を組んでいます。

ウッドデッキの床にはケボニー加工した杉の厚板を張りました。
ノルウェーのケボニー社が特許を持っている技術を使って、日本の杉に植物由来のアルコールを含侵させたケボニー材は、ノーメンテナンスでも外部使用におけるメーカー保証期間はなんと30年。

屋上デッキ(ルーフデッキ)の端には掃除用の溝を設けています。
(まだ溝フタは未完成です)

ルーフデッキから北向きの眺め。
この建物は葛城古道という古い街道に面して建っているため、周辺の民家の屋根が見下ろせます♪

ルーフデッキから西向きの眺め。
左の山が金剛山
右の山が葛城山です。

ここに座ってのんびりビールを飲んでくつろぐ時間は、なかなか幸せそうです。
2020年7月には建物が完成する予定なので、完成見学会を開催しようと思っています。

(株)木造建築東風のwebsiteはこちら
世界に、300年先も美しい風景を

奈良県御所市/東風の民泊物件、内装壁仕上中

奈良県御所市に自社運営の民泊物件として改修工事を行っている現場では、現在左官屋さんによる内装壁仕上作業が進行中です。

写真で見てもびっくりするぐらい黒いのですが、実際見てもほぼこれと同じように真っ黒です(笑)

左官工事はいつもお願いしている、京都市の山本左官興業さん。

東風ではよくやるのですが、今回も仕上面は上塗りをせず、中塗り用の素材で仕上がりとしています。

これだけ真っ黒な壁がどうなるのかは、完成した時に改めてご紹介しますのでどうぞお楽しみに。

(株)木造建築東風のwebsiteはこちら
世界に、300年先も美しい風景を

Cherry blossoms around Nara Japan 2020.03.29 奈良県御所市内の桜

コロナウィルスの影響で、外出を控えておられる方もたくさんいらっしゃると思います。
奈良県御所市周辺でも、桜がもうそろそろ満開の時期を迎えようとしていますが、外出を控えておられる方に、少しでも楽しんで頂ければ・・・という思いで昨日撮影してきた御所市内の桜の写真を掲載しておきます。

東風の大工 写真vol.2

(株)木造建築東風の大工さんたちの作業中の写真シリーズ。
2人目は光野(こうの)さんです。

今日は奈良県御所市内の現場で、ダイニングキッチンの床板張りをしていました。
材料は奈良県産の杉(すぎ)です。

Photos of Japanese carpenter vol.2
Master carpenter Masakazu Kono.

He installed wood floor (Japanese cedar) for dinning kitchen.
In Gose city, Nara, Japan

(株)木造建築東風のホームページ
Japanese wooden traditional architecture design & construction
Cochi,Inc
website

世界に、300年先も美しい風景を
https://mokuzo-architect.jp/

東風の大工 写真vol.1

不定期になると思いますが、これから(株)木造建築東風の大工さんたちの作業中の写真をアップしていこうと思います。
1人目は薮中(やぶなか)さんです。

今日は奈良県御所市内の現場で、外部に面した木製建具枠に使う敷居の鉋(かんな)がけをしていました。
材料は奈良県産の桧(ひのき)です。  

Pictures of Japanese carpenter vol.1
Master carpenter Hideo Yabunaka  
Today he planed a threshold (Japanese cypress) by Japanese plane (Kanna) .
In Gose city, Nara, Japan
Japanese wooden traditional architecture design & construction.
Cochi,Inc

 

(株)木造建築東風のホームページ
website

世界に、300年先も美しい風景を
https://mokuzo-architect.jp/



奈良県御所市で開業予定の民泊について、NHKテレビ取材を受けました

もう少しでOPEN予定の 東風の民泊。

その関係で当社事務所にてNHKのTV取材を受けました。

いつもの事務所を知っている関係者の方々が
撮影日の東風事務所を見て一言。

『めちゃ片付いてるやん!!』  『撮影仕様!』

はい、スタッフ全員で頑張りました!

撮影されない東風スタッフは和やかに。
インタビューを受けるスタッフは緊張の面持ち。

・どうして御所なのか
・建築会社が民泊をするに至るまでの経緯
・会社の理念、民泊を通して何を伝えたいのか

熱い想いを言葉にして
カメラの前で伝えるのはとても難しい…

カメラがまわっても堂々とされていて、
とてもカッコよかったです!
本当にお疲れ様でした。

今回の放映時間は約6分だそうですが
当社以外の御所市内の事業者さまも
6分のなかで紹介されるため、
当社の紹介は数十秒になると思います。

放映スケジュールは以下の通りです。

放送日 3/31(火) 18:30~19:00
NHK奈良「ならナビ」
約6分間〈発見 おくやまと〉のコーナー

ご興味のある方はぜひ見て下さい。

後日、NHK奈良 のサイトにも映像がアップされる
と思うので、その時はまた改めてご案内します。


【なぜ東風で民泊業を行うのか?】
奈良県御所市の古民家がたくさんある古いまちなみを守り、
世界に誇れる美しい木造建築の風景を次の世代に残したい、
と考えて、当社では既存家屋をリノベーション(改修)して民泊業を営む事業に着手しています。

改修工事だけして、実際の経営を行わないのでは片手落ちだろうと考え、
まずは自社で民泊を運営し、その実績に基づいてお客様にも事業提案を行っていくつもりです。
(2020.03 投稿時点)

当社では民泊業の運営を行うにあたり、経験豊富な民泊業の専門家から、民泊運営に関する助言・指導を受けています。

(株)木造建築東風 のサイトはこちら(↓)
世界に、300年先も美しい風景を

古民家の庭石を活用する/木造中古住宅を民泊へリノベーション/奈良県御所市

奈良県御所市で進行中の、木造中古住宅→民泊へのリノベーション現場。
今回は庭石について書いてみます。

庭石は不思議なもので、新品の石を使って庭をつくると、落ち着きがなくて浅い雰囲気になってしまいます。
そのため、おすすめなのが
【庭に使われている古い庭石を使って庭をつくる】
ということです。

大きな庭石は、新たに買ってくると1個当たり数十万円以上もする高価なものが多いのですが、中古物件を取得すると、大抵は大なり小なり古い庭石があります。

今回の民泊リノベーション現場用の庭石は、当社事務所裏庭に使われていた、古い離れ建物の庭石を搬出して再利用することにしました。

13トンのレッカー車を使って、重さ1トン~1.5トンの石を搬出しました。

(株)木造建築東風のwebsiteはこちら
世界に、300年先も美しい風景を