作成者別アーカイブ: mokuzo

建築廃材を薪ストーブの燃料に

寒~い冬を楽しく過ごす道具の一つが、薪ストーブです。
単に暖房器具として有用なだけではなく、エアコンやファンヒーターにはない大きな魅力を薪ストーブは持っています。

大きな魅力とは「揺らめく炎を眺められること」

焚火が大好き♪という方なら、その魅力はおわかりでしょう。
パチパチとはぜる音を立てながら、ゆっくりと薪が燃えていく様を眺めるのは、なんとも豊かな時間の過ごし方です。

薪ストーブにはとてもたくさんの機種が販売されており、それぞれの機種ごとに優れた特性があると思いますが、当社で使っている薪ストーブは、ハンプトン(Hampton)というブランドのカナダ製鋳物ストーブです。

このハンプトンのストーブの大きな特徴は、杉・ヒノキなどの針葉樹を燃料としてガンガン使えることです。
ほとんどの薪ストーブは、針葉樹だけを燃やすことは薪ストーブを傷めることになるので避けるべきとされていますが、このハンプトンは針葉樹を遠慮なく燃やせる数少ない薪ストーブの一つです。
(もちろん、温度管理に注意は必要ですが・・・)

杉・ヒノキなどの針葉樹は主に建築用材として使われる木なので、建築現場では針葉樹の端材や解体材などがドンドン出てきます。

これらの端材・解体材はいわば
「もう使う用途がなく、ゴミ=産業廃棄物」
になってしまう場合がほとんどですが、それを暖房用の燃料として使えれば、
1.暖かい&眺めて楽しい♪
2.ごみを減らし、ごみの処分費も減らせる
3.地球に負荷を与えない
という一石三鳥です!

それでは実際にどんな感じで使っているのかをご紹介します。
下の画像が当社の薪棚です。

間口約4m×奥行1.2m×高さ2mの大きさです

もちろん、こんな(↑)広葉樹の薪もいくらかストックしていますが、建築廃材として現場から出てくる針葉樹の端材・解体材も燃料として薪棚に積んでいます。

たとえば、こんな杉の外壁下地用薄板(通称バラ板)の釘付き解体材↓でも、

釘もいちいち抜かずにたたき曲げる程度にして、ストーブに入るような長さに短く切り刻んで薪として使っています(↓)

下の写真は薪ストーブの横(室内)に置いている薪のラックです。
うちの事務所では、こんな風に(↓)薪のすべてが建築廃材だらけの時もしょっちゅうあります。

広葉樹に比べると、どうしても針葉樹は早く燃え尽きてしまうので、薪=燃料としてはもちろん広葉樹の方が優れています。
広葉樹100%で薪ストーブの燃料がまかなえるのであれば、それが一番良いと私も思っていますが、ごみとして処分されるだけの針葉樹の建築廃材を燃料として活用できるということは、薪ストーブを選ぶ際の大きなメリットの一つと考えてよいのではないかと思います。

地球にできるだけ負荷をかけずに、美しく暮らしたい・・・と思われる方には、ハンプトンの薪ストーブはおすすめです。

ハンプトンの薪ストーブを置いている薪ストーブ屋さんはあまり多くないので、もし見てみたいと思われた方は、当社事務所(築110年の再生古民家です)まで足を運んで頂ければご見学頂けます。

(株)木造建築東風のサイトはこちら↓
世界に、300年先も美しい風景を。

薪ストーブでホントにかんたん焼き芋づくり

今年に入って何回かやっているのですが、薪ストーブで焼き芋をつくるととっても美味しくて、しかも簡単だということがわかりました。

薪ストーブユーザーのお客様からは
「ストーブを熾火(おきび)にしてから、ゆっくり焼くんですよ」
と聞いていたのですが、熾火にするということは、薪ストーブの温度が下がってしまうので、寒い日はなかなか焼き芋をつくってみる気がしませんでした。

しかし実際やってみると、そんなことは気にせずに、燃え盛っている最中にコロンと入れてしまっても全然大丈夫でした♪
温度としては200℃を超えていても、250℃くらいでも大丈夫です。

つくり方もとっても簡単♪
サツマイモを水洗いして、いきなりアルミホイルで包んで、ストーブの中に入れるだけ。
芋の大きさ・太さによって焼き上がりまでの時間は様々ですが、15~30分くらいほうっておけば、かってに出来上がります。

途中ひっくり返したりする必要もないし、ほんとうに何もせずほったらかし。
特に焦げることもなく、中まで火が通るのを串で刺してみながら確認しつつ、ひたすら待てば美味しい焼き芋のできあがりです。

土曜日には小さいお子様連れのお客様がご家族でいらしたので、お子さんと一緒につくってみました。

こんな感じでアルミホイルで包んだ4つのサツマイモをコロンコロンとほうりこみました。
しばらくすると出来上がりです。

こんな感じで、ほとんど焦げていません。
薪ストーブの楽しみ方が増えました♪
次は焼きリンゴにも挑戦してみようかと思っています。

(株)木造建築東風のホームページはこちら(↓)
世界に、300年後も美しい風景を

中古木造住宅を民泊へ再生中/奈良県御所市 2020-0118

奈良県御所市名柄(ながら)地区にある、築45年の中古物件を自社で取得し、リノベーションしています。

今年の春から1棟貸しの民泊物件として運営する予定です。
工事は当初の予定からすると、かな~り遅れまくっています。
消費増税などの事情もあり、どうしても昨年工事をご依頼いただいたお客様の現場を優先せざるを得なかったためです。

しかしいろんな大人の事情があるのでそうも言っておられず、昨年11月からは急ピッチで工事のスピードを上げています。
これから定期的に報告させて頂きますね。

昨晩、金剛山・葛城山頂付近は雪が降ったようで、今朝は雪化粧していました。
名柄地区の家並みと金剛山の景色です。

上・下の写真は工事中の民泊物件において/新しくリビングになる部屋から庭の方を見たところです。
丸太梁や垂木(たるき)・野地板などは今回の工事に合わせて新しい材料で改修しています。

上の写真は下屋(1階の屋根)の屋根下地工事をしているところ。
専門的な用語でいうと2枚野地になります。
(一般の方にもわかりやすい言葉でいうのは、ちょっと難しいですね・・・すみません)

実はこの物件は木造2階建てなのですが、屋上テラスを設置します。
(東風のお客様宅では、屋上テラスがある家はこれまでに1軒しかつくっていません)
屋上テラスからは、このようなすてきな山並みを眺められます♪



当社の事務所がある御所市内には、古民家がたくさん残っていますが、人口はどんどん減っています。
つまり空家がこれからどんどん増えていくということ。
しかし日本らしい原風景がそこかしこで見られる地域なので、空き家となった古民家を活かして自社で古民家を改修し、観光客のみなさま向けの民泊事業を行っていきたいと考えています。

今回ご紹介している民泊予定物件は2020年3月からオープンさせたいと思っていますが、この物件の運用実績をもとに、
【遊休不動産をお持ちの方へ/民泊として活用しませんか?】
というご提案を今年から手掛けていく予定です。
近いうちに民泊物件運用相談受付ページも立ち上げる予定ですので、公開の際にはまたお知らせしますね。

ご興味のある方は、当社のホームページからお問合せ頂ければ、現場見学やご相談には乗らせて頂くことができます。
お気軽にお問合せ下さい。

(株)木造建築東風のホームページはこちら(↓)
世界に、300年先も美しい風景を。

古民家のある風景/御所市名柄(ながら)および増(まし)地区

数日前になりますが、御所市内でとある忘年会に参加して夜遅くなった関係で、事務所に泊まることになりました。
事務所に泊まることはたまにあるのですが、ふと思い立って、カメラを持って朝に小一時間ほど散歩をしてきました。

ちょうどその前の日の晩に雨が降っていたのと気温が下がったのが重なって、金剛山・葛城山頂はうっすら雪化粧していました。

歩いたのは、東風事務所付近の御所市名柄(ながら)、および御所市増(まし)という地区です。
東風事務所がある御所市には、味わい深い風景が広がっています。
大切にしたい風景です。

このあたりは市街化調整区域に指定されていて、基本的には建物を壊したら新築ができない地域です。
今は古民家が多く残っていますが、人口は減少していますし空き家も増えてきています。
未来に残したい身近な風景なのですが、いろんな課題を抱えています

当社のすぐ近くにも1軒、売りに出ている築100年ほどの古民家があります。
ご興味のある方は、下記当社サイトからお問合せください。
物件を所有している良心的な不動産屋さんにおつなぎします。
この物件は不動産屋さんのネットワーク上で公開されているわけではないので、インターネットには物件情報が掲載されていません。

(株)木造建築東風のサイト
築100年の古民家を伝統構法で古民家を再生します

大阪市・石場立て伝統構法・古民家再生 内装壁仕上工事

着工してから足かけ3年目に入っている、大阪市内のS様邸古民家再生工事。
いよいよ最終段階の内装壁仕上・左官工事を行っています。

今年の春に、建物に関する一通りすべての工事を終えて住める状態になっているのですが、今回の工事では壁下地を1から(すべての壁の竹小舞を編むところから) やり替えたので、 内装の上塗り工事だけは壁を十分乾かせて柱に移った土壁の水分も抜けるころになってからやりましょうということになり、半年以上時間を空けて上塗りを行っています。

左官工事はもうかれこれ25年以上もお付き合いしている、京都下賀茂の山本左官さんです。

左が砂漆喰。右が白漆喰。
漆喰は既製品ではなく、左官屋さんが自社の工場で独自の配合で作ってくれているものです。
ベテランのお二人。作業を見ていてもさすがの安定感です。
(写真では伝わらないのが残念。動画を撮るべきでした。)
僕が20代のころからお世話になっている原さん。
現場で助けて頂いたことは数知れず・・・。
本炉壇の塗り直しなどもちょくちょく手がけられる、抜群の左官職人です。
ブルーシートの下は板壁なので、漆喰が付着しないように養生しています。

(株)木造建築 東風(こち)のサイトはこちら
世界に、300年先も美しい風景を。

淡路島で再生した古民家の完成動画を公開しました

当社で設計させて頂いた、淡路島の古民家再生工事。

工事は2017年に竣工しているのですが、その当時に
撮影していた動画の編集がなかなかできないまま
だったのですが、ようやく完了したのでYouTubeに
アップさせて頂きました。

ご興味のある方に観て頂けると嬉しく思います。

事務所の前庭 杉苔を張り替えました

自社の恥をさらすことになってしまうのですが、
実は2年前に造園屋さんがきれいに整備してくれた
事務所の前庭の杉苔を、見事に枯らしてしまいました・・・。

と言っても、ほったらかして水もやらずに枯らしたわけではなく、
水をやりすぎて枯らしてしまったのです。

なんとか復活してくれないものか・・・と粘っていたのですが
一向にその気配がなく、このままの状態ではさらに恥さらしと
なってしまうので、全て張りなおすことにしました。

いつもお願いしている造園の池内さんがお忙しくてなかなか
来てもらえそうにないので、やり方を電話で教わって
東風の若い大工さんに作業をしてもらいました。

張り替える前には、枯れてしまった古い杉苔をすべて取り除き、
ついでに地下茎を張り巡らしていたスギナなどの雑草も撤去 ♪
増えすぎたユキヤナギの小さな株も裏庭に移植して、一旦すっきりさせました。

2019sugigoke_03

ここから杉苔を張る作業に取り掛かります。
今回は20㎡分の杉苔を発注したのですが、こんな状でダンボール箱に入って宅急便で届きました。

 
2019sugigoke_01

2019sugigoke_02

 

樹脂製のトレーから庭に移し、少しずつ庭に張っては踏みつけて、杉苔の苗床(?)と
庭の土とがなじむように注意しながら張っていきます。2019sugigoke_04

 

 

2019sugigoke_05

 
張りあがった面積が増えてくると、とってもいい雰囲気になってきます。

2019sugigoke_08

 

2019sugigoke_09

2019sugigoke_10

この日の日没時分に、何とか張り上げてくれました。

(株)木造建築 東風のYouTubeチャンネル、少しずつ手を加えていっています。
動画もこれから増やしていくつもりで、目下準備作業中です。
ご興味のある方は、上記のリンク先からチャンネル登録して下さると嬉しいです。

2019.04.20-21 再生古民家見学会を開催しました

2019.04.20-21の2日間にわたり、大阪市東住吉区でS様邸 再生古民家見学会を開催しました。
あらかじめご予約を頂いた、合計23名の方にご来場いただきました。
ご来場いただいたみなさま、どうもありがとうございました。

そして今回、快く見学会開催の許可を下さったS様、本当にありがとうございました。

 

不覚ながら、当日の写真を撮っていないことに今頃気づいた始末です・・・。
次回からちゃんと撮っておくようにします。

キッチンのトップライトとガラス瓦

大阪市東住吉区の S さま邸古民家再生工事。
キッチンが北を向いて設置されていて、窓からの有効な採光があまり望めないので、
トップライト(天窓)を設置しています。

toplight_01

北面の屋根で、しかも大屋根の軒内にかぶる下屋部分に天窓を設けているので、
直射日光は入りません。
劇的に明るくなるということもないのですが、夏の太陽熱が入ってくるということもありません。
室内にいて頭上から光が降ってくる状況というのは、なぜか気持ち良いものです。

屋根面から見るとこんな感じで(↓)、ガラス瓦を用いてトップライトを作っています。

toplight_03

断熱・気密性能を考えると、ガラス瓦という選択肢は
アルミサッシ製トップライトに比べて熱損失が大きい
のですが、建物の外観を損ねない方が望ましいという
施主様のご意向から、今回はガラス瓦を採用することになりました。

toplight_02

室内側からトップライト部分を見上げると、こんな感じになっています。
乳白色のアクリル板を天井面に落とし込んでいます。

いよいよ明日と明後日(2019/04/20-21)は、この現場の完成見学会です。
20(土)21(日)とも、まだ若干名空きがあります。
ご興味のある方は、下記リンク先ページからお申込み下さい。


2019 /04/20-21の2日間にわたり、築135年の古民家再生現場の完成見学会を開催します。

なんと、生けた花から芽が出て、その上・・・!

僕が無知なだけなのかもしれませんが、梅の生命力にびっくりしたので投稿しました。
東風の事務所の玄関に、満開の梅の切り枝をしばらく前から活けていました。

花が散ってしまった後も、ずぼらな東風スタッフ一同は枝を片付けることもなく(恥)、忙しさにかまけてほったらかし・・・。

2週間くらい経ったころでしょうか。
ふと気づくと、なんと活けた枝から新芽が出ているのです!

umenome_01

しかも、よく見たら、実もつけているんです!

umenome_02

なんという生命力!
日も当たらず、水も交換せず、ひたすらほったらかしだったというのに・・・。

梅さん、ごめんなさい。
でもよくぞ頑張った!すごいぞ!
というわけで、事務所の裏庭に植えてあげることにしました。

umenome_03

ちゃんと根付いて、すくすく育ってくれるといいけれど・・・。

風などで倒れないように、一応竹の添え木もしておきました。
これから様子を見ながら、ちゃんと世話していこうと思っています。

 

【古民家再生見学会開催のお知らせ】

建築主様のご厚意により、大阪市東住吉区で4/20(土)、21(日)の2日間、完成見学会を開催させていただくことになりました。

現場では木製建具も吊り込まれ ↓

DSCF8255

玄関の天井もこんな具合に出来上がっています(↓)。

DSCF8271

ご興味のある方はこちらをご覧ください(↓)
2019 /04/20-21の2日間にわたり、築135年の古民家再生現場の完成見学会を開催します。