本文へスキップ

木造建築と石場建て伝統構法の建築家【東風】(大阪、京都、兵庫、東京)

電話でのお問い合わせは072-775-6780

竣工事例写真/伝統構法(新築・改修)、在来工法(新築・改修)real estate


伝統構法 改修(古民家再生)

おじいさんから受け継いだ築100年の家
(兵庫県淡路市/2012年11月 竣工)

築後約100年を経ている古民家の再生工事です。
伝統構法の構造特性に合わせた耐震補強工事を行いました。

淡路島内の別の場所に建てられていたこの家を、建築主のおじいさまが譲り受けてこの地に移築されたのが今から70年前のこと。T様の祖父母がお亡くなりになった後は空き家となっていたこの家を、T様は以前から再生してすみたいと思われていたそうで、東風にご相談を頂きました。

古民家の伝統的な柔らかい構造体に適した方法で耐震補強を行い、暖房器具として、大型の薪ストーブを設置しています。

築100年の家を再生した淡路島の家。耐震補強に筋交いや金物は使っていない

住み慣れた築80年の古民家を2世帯住宅に再生
(兵庫県丹波市/2013年02月 竣工)

築後約80年を経ている古民家の再生工事です。
親世帯と子世帯とが同居する2世帯住宅として、1棟の古民家を使うために再生工事をおこない、伝統構法の構造特性に合わせた耐震補強工事を行いました。

今までは天井が低くて、しかも夏に暑すぎるという理由で使われていなかった2階の屋根裏部屋を快適な居住空間に改修して、子世帯の生活空間にしました。

古民家の伝統的な柔らかい構造体に適した方法で耐震補強を行うために、大きな足固めを設置し、壁は竹小舞下地の上に土壁を塗りました。

築80年の古民家を2世帯住宅として再生した丹波の家

築150年の古民家を快適な大空間に再生
(兵庫県川西市/2013年12月 竣工)

築後約150年を経ている古民家の再生工事です。
内装を、重厚な感じではなく、軽快な感じにしたいというお客様のご意向で、既存古材部分は古色のままで、新材部分は白木のままで仕上げた、明るい雰囲気の古民家再生事例です。

暖房には針葉樹も燃やせる薪ストーブを採用しています。
伝統構法の構造特性に合わせた耐震補強工事を行いました。
住宅ローン減税対象物件です。


在来工法 改修(築20年〜40年の住宅のリフォーム・耐震改修)

築20年の中古住宅を古民家風に全面リフォーム
(東京都世田谷区/2010年08月 竣工)

築後20年を経た中古住宅を購入されたY様。
外装は前所有者の手入れが行き届いていたため、主に内装を自分たちの好きな古民家のような雰囲気にしたい、というご意向をお持ちでした。
構造補強とデザインを兼ねて古材の梁を購入し、ご夫妻が気に入った古建具も使っています。
構造材や床板・建具などは古色塗装で統一し、外観からは全く想像できないような落ち着いた仕上がりとなりました。

在来工法の構造特性に合わせた耐震補強工事を行った、住宅ローン減税対象物件です。

東京都世田谷区の古民家風リフォーム事例へ

 玄関と座敷の雰囲気を残し、築40年の家増改築
(兵庫県神戸市/2011年09月 竣工)

「祖父母が住んでいた築40年の家を改築して住みたい」というお客様のご計画に沿って、耐震改修と増改築を行った物件です。床板は原木の伐採に立ち会った桧から製材した無垢材を使い、内装壁は建築主ご夫妻が塗られました。

 兵庫県神戸市の築40年の家リフォーム事例へ


東風のメールマガジン登録はこちら

月曜日発行

直近の配信テーマ

10/27配信済み 手をかけた山と、そうでない山の違い
10/06配信済み 外国産材は国産材より劣るのか?
09/29配信済み 1日の何時間を室内で過ごしていると思いますか?

今後配信を予定しているテーマ一覧はこちらでご覧頂けます

お名前:


メールアドレス:

メールアドレス:






築40年の家をリフォーム+増築した自然素材の家−兵庫県神戸市