キッチンのトップライトとガラス瓦

大阪市東住吉区の S さま邸古民家再生工事。
キッチンが北を向いて設置されていて、窓からの有効な採光があまり望めないので、
トップライト(天窓)を設置しています。

toplight_01

北面の屋根で、しかも大屋根の軒内にかぶる下屋部分に天窓を設けているので、
直射日光は入りません。
劇的に明るくなるということもないのですが、夏の太陽熱が入ってくるということもありません。
室内にいて頭上から光が降ってくる状況というのは、なぜか気持ち良いものです。

屋根面から見るとこんな感じで(↓)、ガラス瓦を用いてトップライトを作っています。

toplight_03

断熱・気密性能を考えると、ガラス瓦という選択肢は
アルミサッシ製トップライトに比べて熱損失が大きい
のですが、建物の外観を損ねない方が望ましいという
施主様のご意向から、今回はガラス瓦を採用することになりました。

toplight_02

室内側からトップライト部分を見上げると、こんな感じになっています。
乳白色のアクリル板を天井面に落とし込んでいます。

いよいよ明日と明後日(2019/04/20-21)は、この現場の完成見学会です。
20(土)21(日)とも、まだ若干名空きがあります。
ご興味のある方は、下記リンク先ページからお申込み下さい。


2019 /04/20-21の2日間にわたり、築135年の古民家再生現場の完成見学会を開催します。