2階内装工事ほぼ完成です/兵庫県淡路市古民家再生・耐震改修工事

毎日暑いですねぇ・・・。

僕は暑いのが苦手で、溶けそうです。

今年は夏休みをとって田舎に潜伏しようかな・・・なんて、かなり本気で考えてます。
寒いのは全然堪えないんですが、暑いのはどうもダメです。

 

さてそんな中、日曜日には淡路のT様邸現場へ行って打合せをしてきました。

2階はもうほとんど出来上がってきていて、これからクライアントのT様が内装壁塗りに着手するところです。

2012-07awaji01

幾重にも重なった小屋組みの丸太が、なかなかいい味出してます。
丸太がきれいに見えるのも、施工者である総合建築・植田の職人さんたちが今回張ってくれた、杉の天井板の仕事がていねいなおかげです。

2012-07awaji02

1階の床には、刻まれた階段の側桁が伏せられていました。
今回はストリップ階段という、蹴込板(けこみいた)が無い形の階段です。

すっきりした仕上にするために、側桁に彫る穴の納め方も、大工さん達と議論を重ねました。
所々に地獄ホゾを仕込んで側桁が広がるのを抑えよう、ということになり、このような仕事になりました。
今から出来上がるのが楽しみです。
木造建築 東風(こち)の古民家再生・耐震改修・リフォーム専用サイトはこちら